ファナステリド

 

フィナステリドこそ、発毛を促し、髪の保持に効果のある成分とされています。その他、抜け毛の症状や髪質自体を改善すると言われ、フィナステリドをどれだけ効率良く、体内に取り入れるかが発毛効果の違いへと繋がっていきます。プロペシアやフィンペシアなど男性型脱毛症(AGA)の治療薬として、すでにタイを始め多くの国で登録されています。

チアミン

 

チアミンはビタミンB1とも呼ばれ、ビタミンの中で水溶性ビタミンに分類される生理活性物質です。日本ではオリザニンとも言われています。このチアミンによって神経系の機能を健康に保ち、疲労回復や免疫力を高め、育毛に最適な体の健康やバランスを保つことが重要です。育毛にとって良い状態を、チアミンを摂取する事で身体の内側から調えていきましょう。

ナイアシン

 

ナイアシンはニコチン酸とニコチンアミドの総称で別名ビタミンB3とも呼ばれます。そもそも髪を作る栄養は血液の中に存在し、この血液は血管を通って目的の場所へと運ばれます。ナイアシンを摂取することで、血行を良くし頭皮を正常に保つ働きがあります。発毛に良い有効成分を、実際に身体の隅々にまで届けるには血流にまで着眼しなければいけません。

シャンプー:ケトコナゾール

 

ケトコナゾールは、フケや脱毛を防ぐ働きがあります。フケや脱毛の原因となる、頭皮の脂や、真菌が増殖しないように、このシャンプーで清潔に保ち、育毛に最適な頭皮環境を調えます。

ローション:ミノキシジル

 

元は高血圧の経口薬として用いられてきたが、後に髪を育成し脱毛症を回復される効果がみられ、今では世界中の育毛剤に配合される成分となりました。このミノキシジルを頭皮に直接塗布する事で、頭皮の毛細血管を拡張し、毛根から発毛を促しましょう!